×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

豊胸のバストアップとは

豊胸のバストアップとは胸を大きくしたり胸を美しくするための手術ということです。豊胸のバストアップにより、巨乳、美乳、豊胸、近頃は爆乳になることも可能です。豊胸のバストアップも、ひとそれぞれ理想のバストがあるので、現在では豊胸でバストアップにより豊かな胸や美しいバストを手に入れることというのは、憧れから現実の物へとなったのです。豊胸のバストアップには大がかりな外科手術の印象があると思います。しかし最近では簡単にバストアップができる「プチ豊胸」というバストアップもあります。お手軽な感覚で豊胸のバストアップができるという夢のような時代になりました。現代は豊胸のバストアップというのはコンビニに行く感じで出来るようにまでなってきたのです。芸能人ではほしのあきや後藤真希の豊胸が有名ですね。

豊胸でのバストアップの豊胸手術

豊胸でのバストアップの主な手術方法には、代表的な手術として3つあります。最初に豊胸のバストアップの手術方法として、プロテーゼ法があります。これは分かりやすくいうと人工のバックを豊胸のバストアップで体内に入れる方法となります。そして豊胸のバストアップの手術方法に、脂肪注入法があります。脂肪注入法とは余計な脂肪を豊胸のバストアップによって胸に注入するというやり方になります。ラストに豊胸のバストアップの手術方法は、ヒアルロン酸注入法がありますが、ヒアルロン酸を注入して豊胸のバストアップによって形や大きさを整えるやり方となります。豊胸のバストアップの一種であるプロテーゼ法では胸に入れるバッグの種類は4つあります。それは生理食塩水バッグ・シリコンバッグ・バイオジェルバッグ・ コヒーシブシリコンというものです。豊胸手術では高須クリニックが有名でしょう。

豊胸のバストアップの方法

豊胸のバストアップのプロテーゼ法とは一般的な手術方法といわれています。豊胸のバストアップで使用されるプロテーゼはシリコン製のブラパッドのバッグとなるようです。豊胸でのバストアップはプロテーゼの中身に生理食塩水やハイドロジェルを使います。バストアップに使われるプロテーゼのバックは破損する事もあるので、豊胸のバストアップに使用されるプロテーゼの製造は厚生労働省で認可されていませんので国内では製造できなくなっています。バストアップに使われるプロテーゼの寿命はというと生理食塩水のもので10年から14年くらいといわれています。寿命があるために豊胸を保ちたいと思ったら再手術が必要になるでしょう。豊胸のバストアップに使用されるプロテーゼで自分のイメージした大きさに自由に調節する事が出来るので、豊胸のバストアップによって自分にあったバストを手に入れたければプロテーゼ挿入法が最適ですね。
豊胸手術の他にも豊胸サプリメントの方法があったりします。

Copyright © 2008 豊胸のバストアップについての専門家に相談!